たね交換会

種の交換会@岩手県大槌町

報告が遅くなりました。
8月21日、地震・津波で大きな被害を受けた岩手県大槌町で種の交換会が開催され、僕も参加させて頂きました。

呼びかけたのは遠野市で風土農園を営み、遠野まごころネットでも活動している伊勢崎克彦さんです。岩手県内の方々を中心に、千葉県からお越し下さった方もいらっしゃり、地元大槌の方も含めて約20名の方が集まりました。

またこの交換会のために、全国各地から種を送って下さった方々もいます。同封されたメッセージに、心を打たれたり、種の説明書きに絵やレシピまで載せて下さっていて感動したりしながら、持ち寄った種も合わせて、分かち合いました。大槌の方が、今年海水に浸かってしまった畑でトマトを栽培したら、びっくりするぐらいおいしいトマトができたと話されていました。海水に浸かってしまったから何もできないと思うのではなく、いろんな種を蒔いてみて、そこでできた野菜から種を採るという繰り返しによって、今の大槌の土壌にも適応した野菜が育っていくと思います、とお伝えしました。
その後、仮設住宅と仮設住宅の間に、今遠野まごころネットで整備している畑に、参加者で種まきをしました。
交換会でできた輪が、この土地に合った種が増えていくきっかけとなり、また復興に向けた希望につながればと願っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)